FC2ブログ

3時間半で小豆島を満喫 - 千秋楽ツーリング

11月3日(土)


絶好の行楽日和 いいお天気に恵まれてのツーリング。
お天気がいい それだけで テンションダダ上がり。



小豆島に初上陸して 寒霞渓で絶景を愛で かわら投げまでもして
じゅうぶんに?満喫した女5人

40_20181113103645c24.jpg


時間も押していることだし 早々に次の場所へ 向かいますよぉ

41_20181113103646e83.jpg 





今この時間だし あの場所は 絶対に外せない
寄れてもあと1か所くらい
じゃ~ どこをチョイスする?

そんな会話が されまして 目的地決定!!



目的地が決まれば その場所に向かってレッツらゴー!



寒霞渓から k29号を南下

42_20181113103648aa4.jpg




この道が クネクネと楽しく
また絶景で。


 43_201811131036493d7.jpg 

道と風景を楽しみつつ 降りていきます。

44_201811131036511a6.jpg 

午後になって 気温はぐんぐん上がり 気持ちいい

45_20181113103652d28.jpg 




46_2018111310365465a.jpg 


海辺を走り

47_20181113103655591.jpg 



バイクを停めたのは オリーブがたわわに実った場所。

48_20181113103657d86.jpg 


あの場所は どこだどこだ~?

あ~あっちじゃん。といいつつ 歩いて その場所に向かいます。
どうも そのあたりにいる人は ある物を持って みんなその場所に向かっています。



49_2018111310365997a.jpg 



ある場所とは ここ!
オランダ風車

50_201811131037009c9.jpg 



そして 「ある物」と いうのは 「ほうき
魔女の宅急便よろしく キキのようにほうきにまたがって空を飛ぶのだそう。
1_201811131055236d4.jpg 


ところが!!



ここまで 調子よく歩いてきたものの
私達 ほうき 持ってません。




どうも どこかで借りてこなくては ならなかったらしい。






どーする???


って 顔を見合わせたその時  目に入った 1本のほうき



!!




まるで私たちのために用意されたんではないかと思うくらいに
目の前の地面に
誰かが忘れていったらしいほうきが1本!!





ほうきを手に取り
いいよね?と 
あたりをキョロキョロ


持ち主らしい人も いない様子




じゃ~   ちょっと おかりしま~す♬






そして  






































飛びました♪

51_20181113103702290.jpg 
私は膝がだめなので 片足にて飛んだていで。






全員 飛んで このほうきどうする? って 思ったその時
集団で来た中国人の方が ほうきを 引っ張って  何か言ってる!

ひぃ~! このほうきはこの中国人の人のだったのかと
慌てて渡したんだけど

様子を見ていたら どうも違う様子。


なので
使ったら ここに置いておいてくださいね
と 言い添えて 私たちは その場所を離れました。



そのほうきがどうなったのかは ・・・・ です。









さて 時間を見れば すでに13時半!!


52_201811131036350a6.jpg 


急げ~~~。

53_201811131036363d5.jpg 


またまた海岸線を走って

54_20181113103637088.jpg 



車は 駐車場所を案内されていて渋滞していたけれど 
バイクは スムーズに こんな場所に停めさせていただきました。

56_20181113103639909.jpg 



エンジェルの羽のように おみくじが結ばれている場所

57_20181113103640467.jpg 


来ましたのは 天使の散歩道と言われるエンジェルロード
干潮時に海の中から 現れる砂の道で 恋人の聖地なんだそう


干潮時間に 合わせて 来てみたのです。





期待に満ち満ちて 見てみれば



レレレレ?
ちょっと 砂浜 広くない?
58_20181113103642eaa.jpg 

想像していたのは もうちょっと こう…
砂浜が細くて…




干潮真っ只中よりは
干潮の始まりか終わりの時間を狙うのがお勧めかもです。






でもでも エンジェルロードに変わりはなし!!


59_20181113103644f46.jpg 

向こうの島まで 歩きますよぉ~

60_20181113103858971.jpg 

エンジェルロードを満喫♬ 


青い空が 美し~~
61_20181113103900e3f.jpg 










満喫していたら 時間もちょうどよいころ合い



それでは行きますか~ 
って 向かったのは 池田港

62_20181113103901351.jpg 

ここも念のため 電話で乗車台数を予約
料金は 現地で支払いです。
750㏄以上 2130円也 (1名分含む)






目に入ったのは 可愛いフェリー
なんと キリン号(第32こくさい丸) パンダ号(第一こくさい丸)があるもよう


65_201811131038512d7.jpg 





そして なんとも癒される表情のカエル人魚

64_20181113103849bac.jpg 

池田港のシンボルなんだそう

1_20181113112039c36.jpg 




63_201811131039038f6.jpg 


ここまで 大急ぎで走って来た私達
幸い池田港にお土産が販売されていたので 購入。




乗るのは 15時30分発の高松行き パンダ号

66_20181113103852cde.jpg 


無事に乗り込み。



船内では みんながちょっとお疲れモード
67_20181113103854f6b.jpg 



高松までは 約1時間の船旅

68_20181113103855286.jpg 


船内でくつろいだおかげか 元気を取り戻し 出発

69_201811131038571a2.jpg



四国上陸~~♪

70_201811131040550e1.jpg 


オレンジ色に染まる高松市内を 走って 16号



途中 通行止めの案内が出ていたけれど
向こうから車も来るし 大丈夫よと 走る




もしかしたら 綺麗な夕日がみれるかも~~ 
ちょっとクネクネたのしめるかも~ って 目指した五色台スカイライン



展望台目指し


71_20181113104057fff.jpg 


木々の間から見えた 綺麗な夕日

72_20181113104058c42.jpg 



あれ? あれ~~? って 展望台見つからず


ちょっとウロウロするも
どうも展望台を通り過ぎたよう… 
もっと 細かいチェックが必要だった! ごめん!!




日は沈んでいくし ちょっと木々に囲まれた クネクネ道を楽しみながら
ホテル方面 山の中を走る


73_20181113104100bce.jpg 


街が見えた

74_201811131041017fb.jpg 


日は沈んでしまったけれど クネクネ楽しめたし♬

75_20181113104103884.jpg 


夕暮れの街が綺麗~


76_2018111310410471a.jpg 


チープな街の中の道を走って 無事に お宿到着!!




今夜のお宿は 湯元さぬき瀬大橋温泉せとうちそう
アルカリ美肌温泉があるお宿



とりあえず 荷物をお部屋に入れて 楽な服に着替えて 
食事たーいむ!!




レストランは 昭和感たっぷりの部屋と違って 新しく素敵な感じ。

オリーブはまちのお造りに 鯛と豚の字しゃぶしゃぶ鍋
茶碗蒸しに そして宇和島地方でだけ 食べられているという方法で鯛茶漬けをいただきます♪

77_20181113104047024.jpg 

食事が ある程度済んで 後はゼザートを残すばかりの頃





サプライズ企画発動!!

今月誕生日のまこさんと 先月誕生日のミポリン
何かできないかと計画
花ちゃんが メールでお宿とやり取りして お願いしました。





スタッフの方が ケーキを持ってきてくれて
スタッフの方と一緒にハッピーバースデートゥーユー♬
78_201811131040484a2.jpg 
まこさん ミポリン大感激♬
おめでとう~ 素敵な1年を過ごせますように…





ところが このケーキ 21㎝はあるかと思われる大きさ
食事も終盤
いくらなんでも これを5人では食べきれるはずもなく
半分を お子様のいるお客様に食べていただく事はできますかと
スタッフの方にお願いしてみたら 快諾。



半分を 5人で そして もう半分は 宿泊されているお子さんたちで いただきました♪




小さな子供たちが 後でお礼を言いに来てくれて
とっても素敵な夜になりました♪



温かな対応 本当にありがとうございました!!



さて お部屋に帰った私達
お布団が10畳のお部屋に ここは合宿所かと思わんばかりに 敷き詰められています。



その敷き詰められたお布団の上に乗っかり手土産争奪戦



第1ラウンド~~  
がまぐち&蚊帳ふきん争奪戦。最初はぐ~のじゃんけんにて決定~

79_20181113104049ac1.jpg 


第二ラウンド 足袋靴下いろいろ
私には初めての いっせっせのせ~で 言った数字の数だけ指が立てば当たりというゲーム

みんな手を出して並べてみると 
ま~ 色気のない爪ばっかりだな~と まず大笑い

超真剣モードで対戦しまして みなさん戦利品を手元に。

80_20181113104051cef.jpg 81_20181113104052bda.jpg 




そして 21時からは
お宿の企画 無料の夜景バスツアー
運転手さんの説明を聞きながら 瀬戸内大橋を見学

82_2018111310405414d.jpg  

綺麗な瀬戸内大橋の夜景を見ることができました。





そして みんなで お風呂にざば~ん。



合宿状態の夜は更けてゆくのでした。







ちょっとお部屋は昭和感が漂うお部屋だけど
レストランやお風呂はリノベーションされて とっても綺麗!

何より スタッフの方が とっても温かな人たちばかりで。
お世話になりました。


この日の夕方 とーちゃんから こんな写真が送られてきました。

1_20181113160759d6e.jpg

今夜から とーちゃんは友人たちと フェリーにて九州へ行くようです。

関連記事







 





フェリーに乗って行きますよぉ - 千秋楽ツーリング

11月3日(土) 


昨夜 慌ただしく眠りに入った私達


AM 5:30
携帯のアラームにたたき起こされ 眠い目をこすりながら慌ただしく準備

時間はなくても 腹減りだけは我慢ができぬ
昨夜買っておいた おにぎりやらパンをほおばりつつ出立の準備。
 

早々にチェックアウトして
AM 5:56 には バイクの所に。

1_201811121519200c1.jpg 


インカムは 昨日のうちに 繋いでおいた。
   よしりんのヘルメットの中に内蔵してあるインカムだけは
   どうしても繋ぐことができずで申し訳ない




朝早くの京都市内を駆け抜け

2_201811121519224c9.jpg


京都南インターチェンジより 名神高速に イン






草々に 桂川PAに IN







ここで待っていたのは 愛知からのメンバー ミポリン♪
 久しぶり~~!  約1年ぶりかしらね3_2018111215192379b.jpg
ミポリンは 朝4時に家を出たそうな。
さすが ツワモノ






おひさの ご挨拶も済んでここからは 若いミポリンに引っ張ってもらいますよぉ










これで全員 揃った。
いよいよ 秋の千秋楽ツ~の始まり始まり~
 4_2018111215192533f.jpg
う~ん 頼りになる後姿♡







とはいえ さすが 行楽シーズン 
6時半を過ぎたところなのに 車が多い。





車の少ない新名神へ GO-!!
1_20181112153859aad.jpg

建設時の事故やらといろいろ問題もあった新名神  私も走るのは初!

この新名神のおかげで 吹田ジャンクションの渋滞はかなり緩和されたそうな。
ありがたやありがたや









高い所を走ってるね~ 気温はかなり低め




前方に 霧
これはもしや 雲海かぁ~?
 5_20181112151911675.jpg


幻想的だね~
 6_20181112151913d74.jpg









「寒いと思ったら ジャケットの前が開いてるの どこかSAに止まって~」
って 花ちゃん




時間に余裕があるようだし ついでにちょっとコーヒータイムしちゃいましょ♪
PAに チェックイン!
 7_20181112152209cce.jpg 

今度はちゃんと ジャケットの前をしっかり閉めてね










山陽道へ







山陽道をひた走り 赤穂I.Cより アウト



海が綺麗だ~♪

8_20181112151916c6b.jpg



見つけたSAにて ガソリン補給。



そして 見えた見えた!
 9_20181112151917136.jpg





AM 9:00  小豆島行き フェリー乗り場到着

車ではすでに並んでいる人もいたけれど バイクでは 一番乗り!
 10_20181112151919ea7.jpg

電話で 台数分 予約はしておいたんだけど
料金は 当日に ニコニコ現金払いというシステム。

  日生⇔大部 750㏄以上 2350円也

11_2018111215230452b.jpg



AM10:05発の フェリーに乗るために 
続々と車もバイクも集まって来た。

 12_201811121523061c1.jpg 


小豆島 けっこう人気あるのね。
観光バスも乗るようです。





先に バイクから 積み込み。
フェリーって 無事に乗れるかな~っていつもドキドキ。 

13_20181112152307e73.jpg
無事にフェリーに乗り込んで。



小豆島まで 約 1時間の船旅です。





ツーリングの始まりの フェリー 
みんなテンション高めにて  
デッキにある椅子に座って おうどん回し食べしたり
船長の真似したり 
とんちんか~~んの合図で 写真撮ったりと 大騒ぎ





瀬戸内海の 海は 綺麗~
お天気なのが何よりうれしい♪
 14_201811121523095ae.jpg



あれやこれやと楽しんでいるうちに あっという間に大部港





どこが 港?
どんなふうに着けるんだ?って 興味津々
 15_20181112152310935.jpg



無時に着岸  無事に下船。  





一度バイクを停めて 身だしなみを整えて。
 16_20181112152312047.jpg




 小豆島 初上陸~~っ!! ひゃっほぉ~~い♬17_2018111215225852e.jpg
意気揚々と走りだします






まずは k26号を西へ 海辺を走りまして~
 18_2018111215230040c.jpg 
綺麗な海に感動

19_20181112152301301.jpg


そして いよいよ行きますよぉ


小豆島スカイライン  駆け上がります~っ

 19a_2018111215230323e.jpg

道は 実際に走って見なくちゃわからない

けっこう深い谷に
くねくねと 高度を上げていく道


上がって行くにつれ 木々が色づいていく。
 
20_20181112152402228.jpg






楽しく走って 
バイクを停めたのは こんなところ。

 21_20181112152403e7b.jpg

山頂駅駐車場



時刻は ちょうどお昼時
 22_2018111215240515d.jpg

綺麗な 風景も気になりますが
 23_20181112152406a10.jpg 
とりあえず ここで 腹ごしらえ

1_20181112161336db2.jpg
小豆島そうめんに オリーブを練りこんだラーメン 
そして オリーブ牛のハンバーガー





ゆっくりしてはいたいですが 時間には限りがございます
行きますよぉ





レストランを出まして 向かいましたのは 展望台


お~ モミジが 赤く染まって綺麗です♪

25_20181112152409cfc.jpg


 モミジの向こうに 開けた場所が見えまする。
期待に胸が膨らみます。

26_20181112152411d34.jpg


四国方面が見えるわけですね
27_20181112152412ac7.jpg












お~~~っ 絶景~っ!!


 28_201811121523590fc.jpg


ここは小豆島 寒霞渓展望台
向こうには 四国がうっすら見えます

 29_20181112152400dfb.jpg


ごつごつとした岩山
 

30_2018111215250361c.jpg
素晴らしい 風景です。





ここでもとんちんか~~んがさく裂

 31_20181112152505eb8.jpg 
女ばかりの旅 笑い声もさく裂







ちょうど日が当たって モミジも満開

32_201811121525062ca.jpg







さてさて 皆様 急がせて申し訳ないですが 次の場所にまいりますよぉ

 33_20181112152508f9a.jpg 



一行が向かったのは寒霞渓第二展望台
ここでは かわら投げができるのでございます。
34_20181112152454d51.jpg 
モチのロン♬
各自 200円にて 瓦を購入


35_2018111215245677c.jpg

柵の所から 下に見える 輪っかの中に かわらを入れるのだそう。

 36_20181112152457650.jpg 


いっきますよぉ

37_20181112152459012.jpg
輪っかを狙って かわらを投げると カーブがかかって なかなかうまく 輪っかの中に入らない。


そんな中 ただ一人 輪っかの中に入れた者が!


その名は ミポリン♬ 
おめでとございます~



 38_2018111215250034e.jpg 







今回のツー 
ちょっと駆け足 

フェリーの乗り降りの時間を差っ引いて 
小豆島で居られるのは わずか 3時間半


こことこことここに寄れるかなって思っていたけれど
紙の上のツーリングと違って 実際は もっと時間が必要。



後で思えば 小豆島で泊まるのもありだったかと 後悔。
ごめんね みんなっ!








39_20181112152502a45.jpg


ってなことで  
今 この時間だから ここだけは 行きたい~って場所へと早々と向かいます~。

 
関連記事







 





京都のホテルでね!   千秋楽ツーリング 



嫌いな筋トレを続け ジョギングのお許しをいただいて  
バイクに乗る練習もできた。

 
着々と準備を進めてきたのは この日のため。

多少の不安は 残るものの 無理さえしなければ 行ける。
そんな自信が 出来たし なんたって お天気もいい。




11月2日(金)


集結は 京都のホテル
みんなはもう京都に向かって 走ってる。


私が一番近い。
今回の参加者の中で一番遠いのは 福島から。
どこかで1泊するのかと思えば 朝に福島を出て京都入りするという。
なんというツワモノ!!
今回初めてお会いするよしりん♪
どんな人か。。 すごく楽しみ。



私も そろそろという事で とーちゃんに見送られ 正午前に出発。


赤くなった柿や 色づいてきた木々
秋だな~
1_201811111355106be.jpg

のんびり走り。



そして このあたりを通るなら お決まりの 疎水。

2_20181111135457c2e.jpg 
桜の葉っぱが色づいてるね


3_2018111113545875f.jpg 


湖西道路に乗って

4_201811111354590d5.jpg 


鯖街道


5_2018111113550177a.jpg 

山の上のほうも色づいてるね

6_2018111113550257c.jpg 




わざわざここまで来たのは 焼きサバ寿司を購入するため
みんなに食べてもらいたかったから。

7_201811111355043fa.jpg 
お日様が当たってる場所は いいんだけど
日陰はひんやり 



鯖街道を 戻って

8_20181111135505beb.jpg 




大原から 鞍馬方面へ

9_20181111135507c62.jpg 




これって 叡山鉄道の線路
その上の山がけっこうやられてる
台風21号の被害の跡
10_20181111135508faa.jpg 




鞍馬に入り どこかバイクを置けそうな場所を探しながら 
鞍馬周辺の 町並みをゆっくりと 走って

11_20181111135731703.jpg 
風情がある。





また 戻って
駐車場端っこに バイクを停めさせていただいて。



鞍馬寺。

12_201811111356267cd.jpg 

ここは 訪れたことがなかったので ついでにと 立ち寄ってっみた。
テレビで 京都の山間のお寺が台風被害に遭ったというニュースをやっていたのを見ていたけれど
ここもその例外ではなくて


鞍馬寺から 貴船に抜ける参道があるのだけれど
杉の木が倒れて 今は 通ることができないのだとか(11月10日からは 通行可になっているとか)

私が行った15時くらいには ケーブルも終了していて 本堂へは 行けなかった。


少し上の由岐神社までは 行けるらしいので 入らせていただいた。

13_2018111113562806f.jpg 

紅葉が進めば 綺麗だろうなぁ

14_20181111135629483.jpg 





由岐神社までさえも 
大きな木が 根っこから倒されていて 大変なことになっていた。

16_20181111135631442.jpg 



17_201811111356326f9.jpg 




鞍馬寺から 出て 携帯をチェック

福島のよしりん 千葉のまこさんは浜松で合流したのち 愛知に立ち寄り
京都に向けて 出発した模様。
埼玉 花ちゃんは 新幹線で京都入り 先ほどホテルに着いたと LINEが入っていた。
花ちゃんは 今回 京都でバイクをレンタルする予定。






「これから 宿に向かう 30分くらいかな~」 
とLINEを 入れて 私もホテルへ





ひと山 木が倒されていた山

18_20181111135620455.jpg 

テレビでは 大阪の街の中の様子ばっかりやってたけれど 
あちこち ひどかったんだぁ。。

高雄の高山寺などは 山の中で重機が入らず
倒木などの撤去は ヘリコプターを使うしか方法がなく 5億円くらいかかるとか


少しずつ少しずつ 前に前に…
日常が 取り戻せますように…











ガソリン入れて ホテル着。

さて バイク 駐車場のどこにおいたら よかんべかと フロントに行く途中
レンタルバイクを借りにいく花ちゃんと ばったり出くわして。



とりあえずいったんお部屋にGO.


19_2018111113562273b.jpg 
カードキー
何度かざしても ドアがあかないよ~ 
磁気やられたかな~
おかしいな~ 

二人だからいいものの これ1人だったら 慌てるよね~
なんていいながら 何度も何度も試す。


はたと 部屋番号みたら違ってた。
どうも階数を間違っていたっていうのは 内緒の話。  笑







エレベーターに乗って 無事にお部屋にチェックイン!!
今回もまこ様御用達 セレブなお宿 あざ~す。

20_20181111135623303.jpg 


あれこれしてる間に 福島 千葉組到着~。
福島のよしりんと はじめましてのご挨拶。

ほんとに面識もなかったのに 初めてじゃないよな感覚
よしりんの人柄かな~。。






あいさつもそこそこに
ではではと  花ちゃんと二人で レンタルバイク屋さん。


21_20181111135853eb8.jpg 


夜の京都を グルグルナビ様に誘導してもらいながら 
無事に お宿に戻ってきた。



合計4台

22_20181111135854f68.jpg 





お宿はセレブだけど 泊まる人は 庶民
みんなで 近くの711まで 夕食とアルコールの買い出し


23_20181111135849e23.jpg 


時刻は 20時前  もうお腹が減ってたまりませ~~ん

24_20181111135851bbb.jpg 

みんなで 食べ物つっつき おなかいっぱいになるまで 食べて話して






きゃ~ もう こんな時間!!
明日は早いのよぉ~って 
言いながら お風呂にしっかり浸かって パタパタと就寝。


そんな 一日目で ございました。

関連記事







 





試し乗りパート2

先日の診察で 膝にジョギングのお許しが出た。

なのでもう一度 試し乗りをしておきたいな~と 思っていたら
朝 赤いバイクの彼女からランチのお誘い。



そそくさと 用意してバイクを動かそうとしたら



え? 重い!!
バイクが うごかな~~~い!



なんで? 








もしや… と 思ってフロントタイヤを見てみたら 



やっぱり~。。





実は前回の試し乗りしたとき 曾爾高原を上がる途中に フロントにねじくぎが刺さってしまって…

抜いてみても 空気が抜けてそうになかったので そのまま 家まで。
無事に帰れたし その日も 次の日も タイヤを点検してみたら 大丈夫だったので 安心していた。





フロントタイヤ 空気が抜けてる
パンクしてたんだ~
やれやれ。。

でも 今日わかってよかったよ~。




さて どうしよ~
修理キットもあるし 家で修理? 
JAFに電話してみたら 
即パンク修理してくれそうもなく フロントタイヤは修理業者まで運んでの修理となるとのこと。




今から出かけたいのに それはない!


とーちゃん パンク修理に初挑戦!


こんな感じの修理キット
43b79b0971a176b9d4da3d13f3154df7f674ec77.jpg

パンクした傷の処をグリグリやって 
チューブみたいなものに接着剤をたっぷり縫ってグリグリと 傷に埋め込む。



しばらくして 空気を入れて 空気圧チェック!



とーちゃんの おかげで 無事にパンク修理完了。







出発予定時間より 20分ほどの遅れ
彼女に 遅れる事を 連絡しておいて 出発~。





前回より 足がしっかりしている!

ストップ&ゴーも
チェンジも 前回よりは スムーズ。



最初に そう思った。



そしてパンクの跡は 全然気にならない感じで走れてる。



コーナーも 最初は 探り探り
変な感じは 感じられないので これもひと安心。



80号から名阪国道


道の駅 伊賀にて 待ち合わせ。




おまたせ~~。
おひさしぶり~♪


1_2018103010263729d.jpg 


タイヤも空気が減っているような感じはないし。OK OK。








あらかじめ 探しておいたカフェへ。


2_20181030102638184.jpg 


駐車場が砂利なので 足の事もあるし安全を考えて 道の端っこに。
幸い このカフェがあるのは あまり車が往来しそうもない場所。



またまた ここでもタイヤを確認。
大丈夫。




3_20181030102640ebf.jpg 

やっぱ 赤 綺麗だわ~
ウキウキしちゃう♪



さて 来ましたのは 朝からささっと調べて見つけた
コーヒーショップ くるみや 
古民家のお店。

4_20181030102632793.jpg 

外観は 古民家の普通のお家風


お店の中は レトロな感じの落ち着いた空間。

5_201810301026347d1.jpg 

瓦を利用した ストーブの置き場がとっても素敵♪



まだ 全然 正座ができないので カウンターで。


彼女は パンケーキ♪
私はきのこのスープカレーセット 野菜たっぷり
6_20181030102635a15.jpg 
カレーが結構辛くて ヒーハーしたけど 野菜たっぷりで美味しかった♪
お腹いっぱい
満足感 ある~♪



コーヒーを飲みながら あれやこれやと ダべリング。

ありがとうね~ 誘ってくれて。







彼女とは 現地解散で。


私は ウロウロと 適当に道を繋いで 信楽方面へ。


秋の夕方の優しい光
秋だ~って 思いながら のんびり走り。




外科的なものは 日薬 
毎日毎日 力をつけていってくれている足。

さてまだまだ これからこれから。


※ 今朝 タイヤを確認 空気は減っておらず パンク修理成功した模様。
  しばらくは 気を付けて点検しなくちゃ。




関連記事







 





試し乗り

膝の手術をしてからというもの 
こんなで本当に普通に歩くことができるんだろうかと不安になりつつも
筋トレをする毎日。




最近では 歩きはじめは 少々痛いものの 普通に痛みなく歩けるようになってきた。
階段も痛みを感じることなく上がれるし
30~40分くらいのウォーキングもできるようになってきた。


そんな中 ちょっと乗ってみる? っていう気持ちが湧き上がってきて
バイクのカバーを取って バイクにまたがってみた


乗り降り時に 不安は残るものの
両足で バイクを支えたら 荷重もあまりかからないし
ストップ時に気をつけさえすれば いけそうかも?


って事で。




乗ってみた。



何かあっても とーちゃんと一緒なら 安心。




ストップ時に 足に負担かけないように ゆっくりスルスル…と 停まることを心掛けて
乗ってしまえば こっちのもの。



のんびり ゆっくり。




久しぶりの 風
気持ちいい

秋だね~。



奈良市内から 月ヶ瀬へ



お昼は 南山城の 「夢の道」
2_20181025095542dbf.jpg


焼き魚や煮物 ヘルシーな和食のお店
1_20181025100440a7b.jpg 





この調子なら もう少し走れそう


曾爾高原へ。





すすき もう開いてるね

3_20181025095530722.jpg 

あの山の上までは 行けないけれど
ちょっとぐるっと歩いてみますか



なんだか…
すすき 少ないね
もっと ススキの穂が白く見えていいはずなのに 
4_20181025095531799.jpg 


確か すすきが少なくなってしまったから 歩道を整備して ススキの保全をしたはず。

なのに どうして?









この場所なんて 笹に乗っ取られかけてる?

5_201810250955335ec.jpg 





よく見てみると ススキの先が 千切れたようになっている。

6_201810250955345ab.jpg 


ここも。

7_20181025095536b0c.jpg 

もしかしたら 台風?
台風21号や24号の 猛烈な風で 千切れてしまったのかも!








それでも 風が当たらなかった場所には 綺麗なススキ
8_20181025095537d9a.jpg 



今年の 曾爾高原は ちょっと残念なことになってました。
9_20181025095539428.jpg 




来年は 綺麗なススキの穂が風になびいているのを見れますように。

10_20181025095540f47.jpg

砂利のある駐車場からは とーちゃんに出してもらって。






ちょっと自信がついた 試し乗り。


これなら行けそう。




Comments (10) Trackbacks (-) | 未分類