01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

綿向山登山 

去年は 一度も履けなかった登山靴
今年は 足を入れなきゃね

なんて 思っていたものの 
1月末には 抜釘手術

なんだかんだ物思いがあったりで なかなか 思いきれずにいたけれど
やっぱり 行かなきゃ!



どこかで よっしゃ!と思わなきゃ いつまでたっても動けない。



昨夜に

明日行こうか?
でもお天気は明後日のほうがいいし少しあったかいし明後日にしようか
などと 言ってたんだけど

朝起きたら 青空で



明日は 明日で また何か用事や仕事が入るかもしれない

やっぱり 今日行こう!
ってなことになって。






2月13日(火曜日)


7時半ごろから バタバタと準備






まったく久しぶりなんで リュックさえ使い方を忘れている始末
服を準備して
バーナーにコップに 敷物 ヤッケ
グローブにアイゼンに  念のために カイロをいれて






8時半すぎ出発






途中コンビニにて食料調達。
名阪国道から 現地へ








向こうに冠雪した山が見えると テンションあげあげ♪




あの山が綿向山かなぁ

1_20180214153212dd3.jpg


駐車場手前でトイレを済ませて

2_20180214153213c8c.jpg



綿向山御幸橋駐車場

3_20180214153208e44.jpg

平日だけあって車も10台あまりと少ない。
これが 土日となればもっと多いのかな

   




靴を履いたりと準備して 出発したのが11時前
朝からあがった人がもう降りてきていた。




私たちはこれから。
やっぱりちょっと出遅れた感。






アイゼンなしでしばらくは行けるかと出たものの 
少し行けば アイスバーン状態

1_201802151502452ba.jpg

こりゃあかんわ と すぐにアイゼン装着。



とにかく ここんとこの運動不足もあり なので
ゆっくりのんびりペース

b_201802151500025e2.jpg



ヒミズ出会小屋
上級者コースの 水無山尾根コースとの分岐点

4_201802141532096ca.jpg


当然のことながら 私たちは 表参道コース(初心者コース)

5_2018021415321198e.jpg


「この橋落下の危険あり」1人ずつ渡れとのこと

6_20180214153223eff.jpg

楽しくない杉木立の中のつづら折れの道を進みます。





二合目付近 道を少しそれた鉄塔のがある場所
やっと 開けた視界

7_20180214153224128.jpg

それまで 杉木立の中の道だったので 気持ちが晴れ晴れしました。







三合目 林道から また 登山道へ

ここまでが なんだかとても長く感じましたね
8_201802141532265f7.jpg
林道から少し入った所にあった あざみ小屋




また ため息をつきたくなるよな杉木立の中




汗がどんどん出てきて 途中 脱皮







そして  五合目
時間は 12時半
お腹もすいてきていたので 男性二人の先客がいたけれど
小屋の中に入って お昼ご飯を食べることにしました。
9_20180214153227502.jpg
小屋の中といえど 中の気温は 1℃
窓には 結晶ができていました。


バーナーを出して カップ麺とおにぎりの昼食。


先客のお二人は 下山途中
上は風が強くて 10分とおられず早々に引き上げてきたとのことでした。



食べている間に 下山される方が どんどん増えてきたので
早々と出発の準備に入りました。





のんびりこんなところで昼食を食べている私たちの登山はこれから これから。
下山された方の中から 「え?これから?」なんて声も聞こえてきました 笑


10_201802141532216da.jpg



13時 出発~



小屋のあたりは 風の通り道になってるのか
ビュンビュン強風が吹きつけていましたが
杉木立に入ると 風は やみました




登山道の雪も じょじょに深さを増してきています。



そして 6合目
五合目から ここまで 早く感じましたね
11_20180214153400220.jpg

雑木林が見られるようになってきました。






そして 7合目  行者堂のある 行者コバ
12_20180214153402661.jpg


このあたりから 尾根筋を歩くことになるので
風がまた吹き付ける様になりました。



そこから少し行くと 木に氷が張りついているのが見られるようになってきました。

13_201802141534036e5.jpg




いよいよかな
テンション上がります




冬期は 尾根ルートを行くようです。
普段のルートは 通行止めになっていました。

1_201802151535177c1.jpg



このあたりから 登山道が だんだんと勾配がきつくなってきます。



綺麗な氷!
14_20180214153405292.jpg



視線をあげれば 白い花が咲いたような木々

15_20180214153359dc1.jpg


そして 勾配はいっきにきつくなります

17_201802141534506ab.jpg

雪はしまっているので歩きやすかったです

18_20180214153452ccd.jpg


歩きやすいけれど だらけた身体に この急こう配はきついっ

19_20180214153453946.jpg

写真を撮りながら 
休憩しながら ゆっくり上がります。

20_20180214153455381.jpg



22_20180214153645cfd.jpg

久しぶりの歩きだったから 不安もあったので コンデジにしたけど

23_20180214153646695.jpg


やっぱり でかいカメラ 持ってくるんだった。。


24_201802141536488db.jpg

自然が作りだす芸術

25_20180214153649a95.jpg

白と黒の美しい世界

26_201802141536513d0.jpg

ただただ感動
心が洗われます

27_201802141537019c9.jpg





竜王山への分岐

28_201802141537028f4.jpg



こっちも行ってみたい。。

28a.jpg



ケドやっぱり先に綿向山

29_20180214153706dc8.jpg



そこからほどなくして 頂上が見えてきました。

30_20180214153659025.jpg






美しい!

31_20180214153816fdb.jpg





13時45分 頂上に到着。

33_20180214153817b0c.jpg



標高1110メートル 綿向山
けっこう風は吹いていたけれど 我慢できないほどでもない

33a_20180214153819208.jpg





35_201802141538144b0.jpg
どーんとあるのが 雨乞岳中ほど右のとんがった山が鎌が岳 
御在所岳は雨乞岳に隠れて見えないそうです




ここから 木曽御嶽山や乗鞍 
黒部五郎岳なんかも見えるみたいです 
すごいですね~!

34_20180214153820d04.jpg



右下には 野洲川ダムが見えます
そのそばを R477が走ってるんですよね~
36_20180214153829de6.jpg



素晴らしい!



登ってくるときは いつも ほんとしんどいなぁって思うんだけど


37_20180214153831ebf.jpg 


39_20180214153834eed.jpg

こういうのを見ると やっぱり 登ってよかったって思うんですよね


40_20180214153828e5b.jpg

その繰り返し    ですね


38_20180214153832469.jpg



帰りは 転げるように降りて。



風が吹き付ける尾根筋は 風が当たって ほっぺが痛いくらい。
暑くて着けずにいた ネックウォーマーを鼻あたりまで引きあげて つけました。






後半は 膝がガクガク






たまらず あざみ小屋で 休憩 コーヒータイム






3時半ごろ 無時に下山。





疲れたけど。
気持ちよかった~



今季 チャンスがあれば もう一度くらい 登りたいな~









 





関連記事

Posted on 2018/02/14 Wed. 15:43 [edit]

category: 歩く

TB: --    CM: 4





14

中咽頭癌 通院  

2月4日 
とーちゃんの 通院日


唾液も 少しずつ出ていて 喉も綺麗になっているとのこと。
本当に 順調よく いっているそうです。

前回言われたたんぱく質が少ないだとかの栄養不良野件
今回は何も言われなかったっみたいです。

そういう部分 あの教授
適当な所があるんで あまり深くはうけとめてなかったから いいんだけど…


でも やはり インフルエンザや風邪には十分気を付けないといけないなって思ってます。





とりあえずは
良かった…。

また 次まで。
風邪に気を付けて 健康に気を付けながら…






 





関連記事

Posted on 2018/02/14 Wed. 14:53 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --





14

橈骨遠位端骨折 ⑧ 抜釘手術 

1月30日 
昨年8月左手首を折ってから 約半年

プレートを取り除く手術をしてもらいました。


今回はアイフォンとイヤホンを手術室に持ち込み
音楽で気を紛らわせながらの手術


それでも やっぱり声や音なんかは聞こえ
あまりいいものではないですね~。。



無事に手術を終え またまた鬼の金棒みたいな手に。
1_20180214143304745.jpg

前回 切った所の傷を除去して 縫ってくれたようです。



出されたプレートとボルト
プレートってけっこう厚み あるんですね
それに 「L」と刻印されれているところを見ると 左手用右手用ってあるんですね。
それにカラフルなボルトです。
1b_201802141433076ae.jpg





そして 2日後には金棒の手も小さくなり
夕方には退院。

1a_201802141433056dd.jpg
橈骨遠位端骨折もこれにてピリオド
後は傷が癒えるのを待つばかりとなりました。






入院しているときに  皆既月食
ちょうど月が見える部屋だったので 
月が欠け赤銅色へと変化していく 天体ショーを暖かな部屋から見ることができました。

1c_20180214143302d4a.jpg
(写真は知人よりお借りしました)
今回の皆既月食は 「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

スーパームーンとは、地球に月が近づいた際に見ることができる月のこと。
満月(1ヶ月に2度)になることをブルームーン。
皆既月食になることがブラッド・ムーン。

この3つのミラクルが重なった「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」
超激レアの月だそう。







 





関連記事

Posted on 2018/02/14 Wed. 14:50 [edit]

category: 橈骨遠位端骨折

TB: --    CM: --





14

やっと初乗り 



1月21日 (日)

10月末に福島へロングツーリングに走って以来 
乗り納めもできぬまま年を越してしまった バイク

バイクに乗り始めて こんなことは 初めてかも…


ようやく ようやく エンジンをかけてやることができました。



昨年にバッテリーを変えてもらっていたので
3か月近くエンジンかけていなかったのに 1発点火


フェイズのエンジン音 聞くと やっぱりワクワク♪



気温は昨日より低くて 9度だとか10度だとか。


しっかり防寒して グリップヒーターもONすれば
さほど寒さも感じない



久しぶりだと いつも思う。

私 乗れるかしら??



走り出してしまえば ちょっと体も硬くて
バイクも 自由に動いてはくれないけど

でも  乗れる!





ゆっくりモードで 月ヶ瀬

最近お野菜高いので 月ヶ瀬には 野菜購入する人が 多く
私も 白菜やらしいたけ おネギを仕入れて。



次は 去年だっけ…
新しくできたという163号線沿いの道の駅へ。

1_20180125155831d34.jpg

ここでも お野菜売っていたけど 月ヶ瀬のほうが安い!
それに いろいろ ちょっと…お高い感。







次に目指したのは 島ヶ原駅そばにある 「夢の道」

2_20180125155832857.jpg

この地域の婦人会の人で 運営している食堂


優しいお母さんの味が満載の
定食 800円

3_2018012515583343d.jpg
ここに お代わり自由のご飯とお味噌汁
そして 食後の淹れたて珈琲が付きます。



ぽかぽかと暖かい食堂
出るのは嫌だけど 出発。


朝よりも 気温が下がって来ているような気がする。



このまま 帰宅という手もあったけど
時間も早いし もう少し走りましょ。


ぐるりと香落渓から 榛原 
谷合は 寒い!

そして針と回り わずか200キロの ちょい走り。



また 寒さがやってきていますね
今度乗れるのは いつになるかな~













 





関連記事

Posted on 2018/01/25 Thu. 17:01 [edit]

category: ちょいのり

TB: --    CM: --





25

遅ればせながら… 

遅ればせながら あけましておめでとうございます。

笑顔溢れる年になりますように…
またどうぞよろしくお願いいたします。






新しい年が始まり
また慌ただしく日は過ぎて
7日8日と 新成人になるお嬢さんの振袖着付
そして 9日には 1号と孫娘を 京都駅まで送り 

ようやく 落ち着いた時間

1_201801121751449e8.jpg

可愛いものの さすがギャングエイジ
話すこともますますおしゃまになって あっけにとられることも。

今年4月には 幼稚園も始まり 
来年からは 今までみたいに 長期間 帰ってくるのは
これが最後になるかもしれない


それはそれで ちと寂しいかと 思ったり。


ともかくも 無時に 旦那様のもとに二人を送り返すことができたことに(´▽`) ホッ






送ったのは午後の早い時間だったので
雪でも見に行くかと 湖北方面へと足を伸ばしてみた。

2_2018011217514582a.jpg

いつもはバイクで走る道 だけど 同じ風景だけれど 冬の風景は新鮮に映る

3_20180112175146303.jpg


「トンネルを抜けると雪国だった」
まさしく その通り トンネルを抜けると それまでなかった除雪された雪が 道路の両側に。
そして 雪の残る山々


4_20180112175148c53.jpg

雪を見るとなぜだかテンションが上がる 
綺麗

5_20180112175149887.jpg

コンビニで買ったから揚げを口にしていたので
お腹はそれほどすいてなかったのだけど
「蕎麦」の文字に惹かれ 入ってみた。

くつき蕎麦 永昌庵さん
6_20180112175208018.jpg
もり蕎麦とかけそばを注文

窓からは 雪の積もった川
そして つぶらなひとみの可愛いタヌキやウサギ ととろなんかが置かれており
笑顔を誘う。
お店に中は 手作りの器や 木工細工がおかれていて 静かな雰囲気。

麺は少し太め コシがあって 美味しい。
かけそばも麺に最後までコシが感じられ
つゆがまた鰹のだしがよく効いたもので美味しかった。









そしてメタセコイヤ

7_20180112175209f35.jpg

人が居なくてとても静か

8_201801121752106a9.jpg

秋には やはり混雑したと聞いていたけれど
この静かな雰囲気が とてもいい

9_20180112175212848.jpg





もう少し雪が見たくて 車を走らせる

10_20180112175206549.jpg

先は除雪されていなくて 車で行けるのはここまで

11_201801121753281e5.jpg

外に出て 雪の感触を楽しんでみたり。
お互い足元はスニーカー 
膝まで ずぼっと入り込んでしまうところまで 歩いてみたり
おバカな夫婦


12_201801121753297ae.jpg





湖西道路にて 大津方面へ

13_20180112175323936.jpg


見える琵琶湖の風景を楽しみながら

14_201801121753252b1.jpg


冬の琵琶湖

15_20180112175326013.jpg


静かな雰囲気が いい

16_20180112175344cee.jpg







家に帰って 二人
静かだね って 言いながら。













 





関連記事

Posted on 2018/01/12 Fri. 18:01 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --





12