FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 中咽頭癌 入院TOP入院 ≫ 中咽頭癌 入院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告





 





中咽頭癌 入院

1月16日 入院日


朝からバタバタ
10時までには 病院に行かなくてはならない
孫のごはん みんなのごはん  あっという間に時間が来る



今日は ちょうど2号も休みになっていたらしく 一緒に行くという。

孫と1号は 家で待っているかと思いきや これまた一緒に行くという。
まぁ 孫に納得させるには つれて行くのが一番かもしれない。

今まで何をするにも家族で動いてきた家らしいといえば家らしいか。。



軽に 大人4人子供一人 そして入院の荷物を詰め込んで。





病院で受付をすまし 案内を待つ。

1_20170202211401013.jpg

部屋は 4人部屋 窓側



とても明るくて 一人のスペースがゆったりとしている。
窓側っていうだけでも 気持ちが明るくなる。


ちょうどお向かいの人も 今日入院されたよう。



主人はPCを持ち込んで できる限り仕事をするという。
何かすることがあるほうがいいかも。


男の人が入院 しかも長期となると仕事のことが本当に大変


特にうちの場合 自営であるため

働けない = 収入がなくなる
即 生活に響いてくる。


特に 手を付けていた仕事等
入院が決まってから ほんとに主人は大変だった



幸いなことに 生命保険を 去年の今頃 ちょうど見直し
生活習慣病に重きをおいた保険に入りなおしていた。
この保険のおかげで 心配なく 治療を受けることができた。

一日1万円の入院給付金にプラスされて
「入院一時金」というのも出るそうなので 本当に助かる。



部屋は 4階
小さな子供は 感染等の心配もあるので 病室には入れないことになっていて 
デイルームという 広い談話室で待つように言われた。


部屋に入った 主人は 早速 病院着に着替え
私は荷物を片付ける。

病院は家から 20分程度
近いといえば近いので助かる



ある程度片付けて 孫が待つデイルームへ

病院着を着たじぃじを不思議な顔で見る孫


病院から出る時も 
「じぃじ いなくなっちゃったね」
と さみしそうな声で 小さく言う孫。


それっきり その日は じぃじのことは言わなかった孫
何かいつもとは違う 非日常的なものを感じ取っていたんでしょうか




その日主人は 早速第一回目の放射線治療を 受けました。


















 





Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。