TOP東北 ≫ ご褒美ツーリング 2泊3日 2日目 蔵王エコーラインハイライン-そしてまた会津へ ②

ご褒美ツーリング 2泊3日 2日目 蔵王エコーラインハイライン-そしてまた会津へ ②


とーちゃんも私も 会津磐梯スカイラインを 無事にリベンジでき
意気揚々と 次の場所へ。


26a_20171031170012dd8.jpg





下道と高速 20分~30分の差
でもここは この20分30分が惜しい
時間をお金で買って。東北道を 北へ バビュン。




福島飯坂ICから白石IC まで

c_201710311827132f1.jpg





そして R457
レレレ? ちょっと思っていたような道と違うぞ? なんて 道に。

30_20171031182714930.jpg





途中 ちょっと危ないことがありました

小さな集落の所

とーちゃんは 「止まれ」で いったん停止してたんです。

それに気づかず 私はスピードも落とさず 危うく とーちゃんにぶつかりそうに!
直前で 横をすり抜けることができ 事なきを得ましたが

あのまま ぶつかっていたら…
または とーちゃんの横をぬけたはいいけど 車が来ていたら…

そう思うと 冷や汗が出ました。



気を付けないと  ですね。








そんなこともありぃので 何もなかった事に感謝しつつ走っていると











おっ?あれは?

1_2017110213162361d.jpg


蔵王?

30a_20171031182716234.jpg

蔵王だーーーっ!

30c_201711021317501f4.jpg

そして ここは 宮城県
宮城県まで 走ってきてるんだよぉ すごいね~












ルートを変更するかで 迷っていた時に 
吾妻磐梯とともに 一緒に浮かんだのが 蔵王エコーライン


でも…行けるか?


やっぱり時間的なものを 考えたけど
とーちゃんしっかり乗り気に。



蔵王エコーラインも 磐梯吾妻スカイラインと 同様
台風の後 23日24日あたり 寒気が入り 凍結のため全面通行止めになっていた。

う~~~ 
このまま通行止めが続くか
それともこのお天気で 通行可能になるか…・



毎日 道路状況をチェック


そしたら 出発前日24日は通行可能に。



やったー!
これなら 行ける!




そんな感じで このツーリングに出たのでした。





ちなみに 週末の雨以来また 寒気が南下
磐梯吾妻も蔵王も積雪で 通行止めになっているようです。






さて話を戻しましょう





R457を 快調に走り

30b.jpg




R457から12号

1_2017110213190037c.jpg




蔵王エコーラインに入ってきました。






細かなターンの繰り返しで 標高をあげていく

31_2017103118273038b.jpg

あがって行くにつれ 紅葉も鮮やかに

31a.jpg





そして 紅葉のおわりへと


33_2017103118290171f.jpg


いろは坂のように 短いスパンでのカーブの繰り返し


34_20171031182903b1e.jpg


残念ながら あがるほうでは 走って来た道などみえそうもなく
もしかしたら 反対に走るほうが いい感じなのかも。





それでも 蔵王 五色岳を見ながら 上がって行く期待感 高揚感は おおっ!というものがあります。




ここで ちょっとトイレ休憩をして

35_20171031182857699.jpg


また カーブを繰り返し あがって行きます。



磐梯山とはまた違う火山の様相


36_20171031182858c61.jpg



なんだか 自然のすばらしさ 恐ろしさみたいなものも感じますね


37_20171031182900b28.jpg





そして 蔵王ハイラインへ。
蔵王エコーラインより分岐した2.5kmの有料山岳道路です。
1台 380円を 払います。


39_20171031182919705.jpg



またくる~んとあがって行きます

40_20171031182921549.jpg





ハイライン駐車場
結構車も来てますね~

41_201710311829151ee.jpg


残念ながら 山形県側は 霞んでしまってあまり よく見えません。




駐車場のおじさんによれば 朝は山形県側もくっきりと見えたそうです。
それに 今日は お釜が はっきりと見えるそうです。




ではではと  コンビニで買ったおにぎりとお茶をもって
お釜を見に行きましょう





蔵王レストハウスと駐車場のようすです (写真はお借りしました)
42_20171031182916a16.jpg




お釜…
遊歩道を どれだけ歩けば みれるのかな~


43_20171031182918df5.jpg

右上には 神社のようなものが見えるけど…







そんなことを言いながら少し歩くと  見えました!

44_20171031183040b44.jpg



火口の周囲が黒いですね

45_201710311830416ed.jpg



見えました! お釜です。




綺麗なグリーン

46_2017103118304320c.jpg

蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。
湖水は強酸性のため生物は生息できないそうです。
水温は表面から10数mの深度で摂氏2度まで下がり、
それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖らしいです。
太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため、「五色湖」とも呼ばれています。
南西から流れ出て濁川となり、賽の磧の北側を迂回して太平洋側へ流れ出ているのだそうです。

47_20171031183037b37.jpg


東側を見ると 宮城県のどこかの町が遠くに見えます
もしかしたら その向こうに 見えているのは 太平洋かな

48_20171031183038724.jpg

素晴らしい風景です。





あれは 走って来た道でしょうか

49_2017103118305889b.jpg


写真撮ったり 見たりして 一息

それでは ここで 昼食とします。
素晴らしいお釜と遠景を見ながら 石に座って いただきました コンビニおにぎり。

1_2017110213454033a.jpg





ゆっくりとレストハウスまで戻って お土産を物色。







駐車場に戻ると また バイクに乗られた方が来てました。
駐車場のおじさんに 早くいかないと 雲がやってきてるから 見えなくなるぞって
急がされてました。



お釜がはっきりと見えるのは そう多くないらしいと
後で聞いて ほんとにラッキーだったのだと 思いました。











そして 蔵王エコーラインを降りていきます。

50_20171031183100b93.jpg




このあたり 紅葉が綺麗なのは10月中旬
こちらも紅葉はすっかり終わっていますね



山形県に入りました。

51_20171031183101829.jpg




どんどんはしって 降りてきました






52_201710311831031d7.jpg


上山市に入ってきました。

53_20171031183057533.jpg


山沿いにも 走れそうないい道があったんだけど
ぐるぐるナビ様の言う通り 最短時間の道をチョイス


1_2017110214080415b.jpg



13号上山バイパスから  時には 除雪車ひきいる渋滞に入ったりしながら 
お利口に いう事を聞いて走ります。


2_20171102140805af1.jpg



あ~ でもやっぱり だめですね 
ぐるぐるナビ様に 頼っていると 自分がどこ走ってるか わからなくなって
チョットよさげな道にも それる事さえできません。

やっぱり マップル見ながら 走らないとだめですね~




チョットした冒険も ツーリングのスパイス 






上山市から米沢市へ






街中走りに 少し疲れて R121 そばの コンビニ休憩
おやつをおなかに入れて。

3_20171102140804634.jpg




234号から 2号

山の中へ入って行きます

54.jpg


山はいい!



クネクネと また 峠を上り

55.jpg


見晴らしのいいところで いったん停まって

56_2017110213565255d.jpg

向こうの山は どの山になるのか 皆目見当もつかないけれど
いい風景ですね~

57_20171102135654ce9.jpg







しばらく走った所で また カメラマンが いたので停まってみました





そろそろ夕焼けの時間
それを狙って カメラマンが 三脚立てていました

58.jpg



天使の階段がみえました

59.jpg


そして  桧原湖かな?

60_20171102135718c0a.jpg 61.jpg



61a.jpg



この道を選んだ理由は あと少し先




62.jpg



もう少し先の展望台



63.jpg


64.jpg


ここ! ここ! と思ったところ
車がたくさん停まっていました。


65_20171102135826e79.jpg

磐梯山を望み 道路が下に見える場所 

1_20171102143533d44.jpg





これですこれ! これが見たかった~

66.jpg




見れたので 満足
さて そろそろお宿に向かいましょう


上から見えた 道を降りていき

67.jpg

桧原湖の横を走り

68.jpg


磐梯山が見えるところで また 写真を撮る


69.jpg


そして R459  朝走ったところ ちょうど 1周してきたことになりますね~







時間は4時半 少しだけ寄り道します


71.jpg

少しだけ 五色沼を見てみました


全部回るには 時間がかかりそうなので 弥六沼と柳沼

72.jpg


湖面の映り込みを狙って。

73.jpg

しっとりと濡れた 林の中も綺麗です。

74.jpg





それでは お宿に向かいましょう

70.jpg


ゴールドラインとの交差点を過ぎ
そのままR459を走ります


75.jpg






5時半ごろ お宿に着きました
今夜のお宿は 大塩裏磐梯温泉 ホテル観山
弱食塩泉のしょっぱい温泉らしいです。


76.jpg


今夜は早めの到着

ゆっくりのんびり お風呂をいただきました

確かに温泉 しょっぱかったです。




露天風呂で 関西は京都綾部から来られたご婦人に会いました
仙台まで飛行機で来られ レンタカーで 蔵王やらをめぐってこられたそうです。
お嬢さんが 宇陀にお嫁に嫁がれて いとこが生駒に住んでおられるとかで
話が盛り上がってしまいました。



page_201711021457086e2.jpg

またまたお腹いっぱいいただいて 
そして 早めの就寝




この温泉 温泉から塩を精製した温泉塩 会津の山塩というものがあるらしいです。
海の水から塩を作るのは よく聞きますが 温泉から塩だなんて 初めてです。


原泉から汲み上げた温泉水を、1割の量になるまで新窯で煮詰め
天日にさらし自然乾燥し、煤などの不純物を取り除けば会津山塩の完成なんだそうです。


買って帰ることにしました。





明日は お家に帰る日です。
二泊三日 あっという間 ですね~ 










 





Comment

編集
蔵王もいいね~(≧▽≦)
R1000に乗ってたときに一度行ったことあって、懐かしい写真見たく
なって探したけど、このPCには無かった・・・orz
てか、R1000乗ってたのって10年も前じゃん ^^;
そのときにお釜わたしも見たよ~すごく綺麗なエメラルドグリーンは覚えてるw
それからまた戻って~の五色沼!
これまた子どもが小さいときに行ったきりだから、また行きたくなった!
それからそれから「会津の山塩」といえば、檜原湖の奥裏磐梯らぁめんSio-Ya
さんで食べた、美味しい山塩らーめんがまた食べたくなったーっ!

それにしても・・・ちょうどすれ違いだったね~
土曜日の6時くらいには磐梯熱海通ったんだけど・・・会えんくて残念!
2017年11月02日(Thu) 19:30
こんばんは。
編集
ん~、このルートは、今年の春に東北を走ったときのルートと重なりますね~。
紅葉も相まって、あの時よりも風景が更に見事だと感じました。
今年の春は、蔵王の渋滞を避けてエコーラインは走りませんでしたが、
この写真を見ると、また走りたくなります。(^-^)
桧原湖周辺は、chiiさんの写真のような風景を期待していましたが・・・
でも、楽しんでくるつもりです。
2017年11月02日(Thu) 22:33
Re: みうちゃんへ
編集
蔵王もすでに制覇済みかぁ そりゃそうだよね ((´∀`))
私よりずっと長くバイク乗ってるんだもんね~

山塩ラーメン そんなものもあるんだ~
機会あれば食べてみたいなぁ

そうそう! ほんとだよぉ
地元とは違うあんな場所でのニアミス そうそうないもんね~
6時といえば 温泉にはいろうか~って 起きたところだよ 笑

もう一日 お天気だったらなぁ
私たちも滞在をもう一日延ばすことも 考えていたりで
残念だった!

2017年11月04日(Sat) 10:01
Re: サムさんへ
編集
蔵王も混むんですね~
私たちが行った時は 平日という事もあったのでしょうけど
車が少なくて 気持ちよくあがれてしまったんですよね
だから 蔵王まで足を伸ばせたというか…

桧原湖ツーリングレポ
また 楽しみにしていますね♪
2017年11月04日(Sat) 10:06
編集
とてもラッキー続きのツーになりましたね。
もし、あの時…1秒ずれてたら…って思う
出来事がある度に私も気を引き締まる気持ちで
ハンドル握ります。

天気にも恵まれお釜も綺麗!
私が行った時と同じルートなので懐かしく
読ませて頂きました。山形との県境で写真
撮って危うく立ちごけしそうになった事も…

また、来シーズン東北走りたい。
今度はそのまま北海道入り狙いです゚+.(・∀・)゚+.゚
2017年11月06日(Mon) 07:06
Re: ちょろちゃんへ
編集
いつもコメントありがとうございます♪

チョットした油断がいのちとりになる事ありますよね
怖かったです~
もしぶつかっていたら あそこでツーリングは終わり 大変なことになっていました
気を引き締め直さないと…です。

ちょろちゃんも同じコースを走られていたんだ!
それを置く前に知っていたら…
また一段と旅が楽しくなっていたかも 笑

来年は 東北から 北海道!
いいですね~♪
壮大なツーリングになりそうだね^^
2017年11月06日(Mon) 08:56












非公開コメントにする