FC2ブログ
TOP中国・四国・九州 ≫ 四国ツーリング ④ 四国カルスト

四国ツーリング ④ 四国カルスト

6月1日(金)

梅雨に本格的に入る前に行くなら 3~4日晴れ間が続くこの日しかないと2日前にお宿を確保。
そうして朝早くに出て。




来ましたリベンジ 四国カルスト。
いいお天気なのが何よりうれしい!



今回は ゆっくりと たんまりと 楽しみます。


8_201806132128200ee.jpg



前に写真を撮ったのは あの場所だっけ?
こんなに曲がった道があったっけ?

カルストって直線だけじゃなかったんだ~




 


以前の記憶なんて ほんと 当てになりません。


10_201806132128231ea.jpg



走りながら写真撮って。
ちょっと停まって写真撮って。


11_201806132217406b7.jpg



すごい道だね
綺麗な道だね~



夕方の日明かりが 影を作って ちょっと暗く写ってしまうし。。


12_20180613221741c55.jpg


少し走って また停まって
停まるごとに表情を変える道


13_201806132217431ea.jpg



14_20180613221744429.jpg


お日様が当たっている場所とそうでない場所


15a_201806132217474fe.jpg
カルストのゴロゴロとした石達

今回はしっかりと記憶にとどめておかなければ
16_2018061322174919a.jpg


16a_2018061322175060c.jpg




18_20180613221752be1.jpg


こんなだったんだね~ カルストって。


19_201806132217535f5.jpg




こんなトンネルもあったっけ? まったくのノーマーク



page_20180607170753777.jpg

向こうに 天狗荘が見えてきた


前回の時は あの天狗荘の所の分かれ道を 間違って左に行って
林道(今は 全面通行止め)を往復したっけね~
思わず結構絶景の道で 損したような得したような 気持ちだったね



なんて 思い出話をしたりして。


20_20180613234556690.jpg





時刻を見るとまだ時間もあるので 天狗荘で Uターン。
も一度 カルストを今度は西に向けて走ります。





 P にバイクを停めて 天狗高原のほうへ 歩いてみます。

21_20180613234714cef.jpg

一日バイクに乗りっぱなしだったので 歩くのもいいかな


バイクはお留守番

3_20180609120143426.jpg




いやぁ きもちいいね

22_20180613234715cf8.jpg


その先に見える小さな丘まで行ってみます

24_20180613234718577.jpg




走って来た道も 違った方向から見ると素敵に見える


23_20180613234716c3c.jpg





天狗荘
25_20180613234719a0d.jpg


下へ降りていく道も見える あれは 48号になるのかな
時間あるのなら 走ってみてもよかったかな~
 
2_20180609120146baa.jpg




さっきの東屋もあんなに小さくて
どこか 北海道っぽい風景?

26_20180613234721e69.jpg





バイクの所に 戻ると 隣に函館ナンバーのバイクが停まってました。
同じように歩きに行ったのかなって 思ってると
程なくして 持ち主が戻ってこられ ちょっとお話をさせていただきました。

27_20180607171001b91.jpg 

この方 5月の16日に北海道を立たれ その後 気の向くまま旅をしているとのことで
この後は 九州に向かうとのことでした。
心が折れなかったら 九州を1周して そして フェリーを繋いで戻られるとのこと。

1人で旅をしてると 誰かと 話をしたくなって
バイクが停めてあったので お話しできるかなと それで歩いてみたそうです。



16日からずっと バイク旅 しかも 一人
いいな~と 思う反面
半月も一人だと やっぱり寂しくなるのかな…

そんな意味でも とーちゃんに感謝ですかね~






さて その方とお別れして もう少し カルストを西に戻って行きます
お日様がかかなり傾いてきましたね
28_20180613234724ded.jpg



反対方向に走るとまた違った風景を見せてくれるので
楽しいですよね~







姫鶴平から ちょっと横道へ。
農場の作業道路のようですが 進入禁止の札は なかったので お邪魔してみます

1_20180609130345192.jpg

石灰石のゴツゴツ感とか 道路付近とはまた一味違った様子
29_20180613234725b51.jpg



3_2018061323532862d.jpg



いいですね~



2_20180609125836307.jpg2_20180613235329a7a.jpg 





さて 本道に戻ります。
そして また 東方面へ。

30_201806132347270e2.jpg



時刻は そろそろ 5時になるところ
お宿に向かうことにしました。







今夜のお宿は さっき天狗高原から見えていたカルストにある天狗荘さん

31_2018060717095261e.jpg 


2日前にお宿を取るときにも 霧が心配で 土曜の夜のほうがいいですかね~ なんて
尋ねてみたところ、山の天気は 変わりやすいので なんとも…と。
もし 日にちの変更ありましたら お電話くださいね
お部屋のほう空いている限り対応します と 優しいお返事を下さったり。

とても好印象なお宿でした。






お宿を予約してから お宿サイトをゆっくり見させてもらっていたら
夜には 星鑑賞会も開かれるとのことで
とっても楽しみにしていました。





17時ちょうど 到着





バイクたちは お宿の倉庫に入れさせていただきました。
ありがたい!

32_20180607170953a3e.jpg 


夜露の心配なく置いておくことができます。
ありがたやーー♪




チェックインを済ませて 投下を歩いていると
天狗荘 高知県と愛媛県にまたがっている館内表示が。

33_201806132354593eb.jpg



お部屋は 8畳の和室


とーちゃんが窓を開けて
あれ見てみ って 指をさしています。

34_20180607170956ff8.jpg 


窓から外を見てみますと

35_20180613235540ac4.jpg

外にも 表示が。




窓の外は 高知県側の山々が見えるお部屋でした。

1_20180607171817e3a.jpg





夕食は 18時半にお願いしました。
それまで ゆっくりとお風呂に入ります。



いつもの事ながら 湯船に身体を沈め 手足を伸ばし 髪の毛を洗って髪がふわふわになると
すっきりして 生き返った思いがします。



夕食は 清流の膳
まずはビールをきゅぅ~~っといきまして。


1_20180607172221e72.jpg

アマゴの事 このあたりではアメゴっていうんですね。
肉厚でとっても美味しかった~

36_20180607170959da1.jpg 

すべて美味しくいただきました♪





夕食を食べて外に出てみれば  もう日が沈もうとしているところ

37_20180607171103578.jpg 


きれい~~って言ってると
食事していた方も 他のお客様も どんどん出てこられて みんなで夕焼け鑑賞




支配人が出てこられて 女風呂の脱衣場から 夕日が見れると
おしえてくれたので 急いで 行ってきました。





網戸が邪魔してますが  見えました!

38_2018060717105737c.jpg 

あ~~ぁ 沈んじゃった。







そしてまた外へ行くと こちらも 夜のとばり

39_201806071710598a0.jpg 





お部屋に戻って ゆっくりしていると 酔いも少しまわって
寝てしまいそうになります。



念のため アラームをかけてっと。。












8時半からが 星の鑑賞会なので
眠ってしまっては 何のためにここに泊まったのやら







8時半に なり あったかくして外に出て 空を見上げると 見えました
満天の星!

落っこちてきそうなくらいの 星でした。

2_20180607175408f31.jpg

北斗七星



まずは 支配人が用意してくれた おっきな望遠鏡で木星を見せてくれました。
そうしていると 今夜のお泊りの人が どんどん出てこられました。

なかには 先週もきたんだけど あいにくの雨で星が見れなくて
今回は そのリベンジで来ましたって いう人もいたり。













支配人が 懐中電灯で 空のお星さまを指してくれて
これが 北斗七星で これがこぐま座で と 教えてくれます。

3_201806071753582cf.jpg 



このために三脚を積んできていたので 撮ってみました。

    撮れたと思っていたけれど 家に帰って見てみれば ボケボケで (泣)
    家で練習してから来ればよかった…
この大きさが見れる精一杯です









あれは 人工衛星だよって 支配人がライトで照らしてくれた場所を見ると
星の間をスー―っと動いていくものが見えました
肉眼ではっきり見えましたよ。 びっくり!

飛行機は 右が緑で左が赤に点滅(もしかしたら反対かも?)してるんですって
点滅せずに動いてるのが 人工衛星らしいです。





点々に写ってるのが人工衛星です
1_20180607175407808.jpg





今夜お月様が出るのが 21時ごろだそう
それまでは 星がはっきり見えるので ゆっくりと星を楽しんでくださいって
支配人はホテルの中へ。




風が少々吹き始めていたけれど ちょっと頑張って星を楽しみました



高知市方面
高地方面がもう少し暗ければ 天の川が見えるのだそうです。

5_201806071754016e9.jpg






そして 南側

6_2018060717540403f.jpg 



鶴姫平方面
7_20180607175405d20.jpg








綺麗な綺麗な星空でした。

1_20180607174926b16.jpg



吉野の実家でも 最近は 昔のような星空が見えないような気がします。



カルストの降ってきそうなたくさんの星に感動
このお宿 とれてよかったね~と ふたりで言いつつ





冷えた体を 大浴場にて温め直して 就寝に着きました。










 





Comment

こんばんは。
編集
あの風景を見ると、興奮しちゃいますよね。
私も、あの日を思い出しました。(^-^)
写真を見ていると、また行きたくなってしまいます。
2018年06月09日(Sat) 22:07
すごーい
編集
四国カルスト、すごい絶景ですね!
別のブロガーさんがやっぱり天狗荘に泊まってらして、
行くとしたらここやなってチェックしました。
四国行ったら、もうchiiさんが行ったルートのとおり走りますわーw
星空もすてきー!星の写真ってホントパソコンで見てみないとわかんないですよね。。。
ぐるめ情報も楽しみにしていまっすw
2018年06月10日(Sun) 17:31
Re: サムさんへ
編集
サムさんも行かれたんですよね~
青空のカルストの写真見せてもらったときは うらやましい思いでいっぱいでした 笑

綺麗な場所や絶景の場所は また行きたくなりますよね~
また是非!
2018年06月11日(Mon) 10:12
Re: ヒトミンへ
編集
てっぺん 尾根を道が走ってるんだものね~
南側も北側っもすっきり見通せるって やっぱすごい道!
アルコール飲まないで 夜中や 夕焼けの頃にバイクを出して 
カルストまで行けばよかったかな~って後から 後悔。

実は カルストのもう一軒の姫鶴荘も聞いてみたんだけど 運悪く?満員で。
で 天狗荘にお願いしたんだけど。
私はこの天狗荘でよかったかな~って 思ってる。

星はほんと残念 笑
でもあの綺麗な星は目に焼き付いてるから(負け惜しみ) 笑

ルート 余裕見て組んでね~
後からルート追ってみると まだ 取りこぼしたものもたっくさん! 残念過ぎる 笑

グルメ…ねぇ
この夫婦 グルメにトンと弱くて…笑
期待しないで また覗いてね~
2018年06月11日(Mon) 10:18
No title
編集
いいお天気でよかったですね。
カルストもだけど、星空を見ようとしたら
曇りより、晴れ!! ですね(^^)v
目に映った空は(風景も)、写真にそのまま残せないから
自分の目に焼き付けて、心にも残すんだ
二人で仲良くツーリングできるなんて
羨ましいです
天狗荘、泊まりたくなりました
2018年06月11日(Mon) 21:33
Re: みーちゃんへ
編集
天狗荘とカルストとUFOライン 石鎚スカイライン
ここはなんとしても晴れが欲しかったので 晴天を狙いで計画。
天狗荘さんの話では 山のお天気は変わりやすくて
晴れてても 霧だとか出ることもあるらしいから
ほんと嬉しかったよぉ

二人で走れるっていうのは ほんと心強いし
ありがたいことだだよね。感謝しなくちゃ だわ。

天狗荘 お勧めです♪

2018年06月12日(Tue) 08:54












非公開コメントにする